アイプチを使わず、プチ整形もしないで一重がデカ目に!顔にメスを入れずに、自宅で、くっきり二重まぶたを手に入れる方法があります!

瞼(まぶた)wiki フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

まぶた(瞼、目蓋)とは、脊椎動物の魚類を除く多くの種にある、顔の皮膚から連続して眼球(目玉)を上下から覆い保持する不透明で開閉式の器官。 まぶたの「ま」は目の昔の呼び方であり、文字通り目の蓋である。眼瞼(がんけん)ともいう。

上側を上瞼(うわまぶた)、下側を下瞼(したまぶた)という。

筋肉によって伸縮して、開閉したり開いている幅を調節したりする。上下のまぶたのうち、主に動くのは片方であり、哺乳類では上まぶたが開閉する。

目を開けるといえば上下のまぶたを離して開ける事であり、目を瞑る(つぶる、つむる)といえば上下のまぶたを着けて閉じる事である。 上下のまぶたの間を少しだけ離して開ける事を「目を細める」等という。

目を開けていて、まぶたを閉じて直ぐ再度開く事を、瞬き(まばたき)という。

随意に開閉したり、無意識に閉じられたり瞬きしたりする。

■機能、役割

通常は、目を開けているときも上下のまぶたの間隔は眼球の径より狭く、向きが動く眼球も頭に位置を保持している。人為的に品種改良された小型犬は衝撃等で眼球がまぶたよりも外に露出し易い。また、まぶたを眼球より大きく開き眼球の半分以上を露出させる事を芸としている人もいる。
物体や刺激等から眼球を保護しようと、反射あるいは随意に閉じて眼球を覆う。視界が遮られる。眠っているときは通常閉じるが、完全に閉じない人もいて、「薄目を開けて寝ている」等といわれる。
瞳孔の補助的に、網膜に入る光量を調節する。非常に明るく瞳孔を収縮しても眩しい時や、急に明るくなった時にヒトのように瞳孔の収縮が遅い動物は、目を細める。また、カメラの絞りと同じく、目も開口が小さい程ピントが合い易い為、視力の悪い人は目を細める事がある。モザイクの映像を目を細めて見ると、修正前の映像が見えるという都市伝説がある。
陸上では、瞬き等で無意識あるいは随意に閉じる事により、眼球の表面に涙液を供給して湿潤を保つと共に、ワイパーのように眼球表面の塵埃を除去する。眼球が乾燥するドライアイは、眼球が傷む。
コミュニケーション手段になっている。哺乳類など種によっては、威嚇等の表情の一部である。威嚇では通常大きく見開くが、人では寧ろやや細めて「睨む」、「眼を付ける」等という。人では、簡単な合図に閉じたり、他の随意運動の機能が障害された重度障害者のコミュニケーションに使われたりする。
人では、視界を遮る為に閉じる事がある。恐怖や嫌悪の対象を見ないようにする為や、思考に集中する為に五感で最も情報量の多い視覚を遮断する場合等。

たった9分!自力で目を二重にする方法の詳細はコチラ

Yahoo!ブックマークに登録

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。目の悩みに関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

MENU

当サイトに関して

最近の実践者の声

こんにちは、羽川です!
おかげさまで、くっきり二重になりましたよ。
私は人から「ガンを飛ばす」とか「機嫌悪そう」とか思われて、 それが嫌で人と会うのが嫌になる時もありました。
それがマニュアルのおかげで二重まぶたになって、 目もパッチリしてきたら、ガラッと世界が変わりました!
これを知らなかったらと思うと・・・ゾッとしますね。
人と会うのが嫌になり、人間嫌いになっていたかもしれません。
素晴らしいマニュアル、ありがとうございました!

羽川 司さん